岡野つとむ・市民活動・議員活動レポート

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
岡野つとむ活動レポートトップ

わが家のカボチャ!


 わが家のカボチャです。坂戸の姉から2本の苗をもらいました。確か5月の上旬。はじめの内は黄色い虫(飛ぶ虫)に柔らかい葉はすっかり食べられ、勢いも止まり枯れるかなと思いました。しかし、このままではいけない。野菜作りには物事に億劫がってはダメだ!と兎に角、虫よけの網をかぶせました。

 その結果、みるみる若く青い枝が畑に伸び始めました。勢いも付いて今ではカボチャの実が10個ぐらい着いています。これから肥料や藁を敷いた方がいいのかなど、農家の友人に教えを乞いながらカボチャ作りに励みたいと思います。収穫したら「子ども食堂」さんに届けたいと思います。 
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

通学路の安全対策で動きが出る! 市場・自衛隊川角送信所脇


(1)安心・安全な通学路(整備)が求められています。6月議会では川角駅周辺整備、西大久保地内新設道路(変形5差路整備)に伴う・安全な通学路の重要性を一般質問させて頂きました。なお、町内では各行政区・自治会で、あるいは匿名で「危険な通学路」の改善要望や整備対策が担当課に寄せられている(いた)ことと思います。

(2)市場・自衛隊川角送信所脇(写真:下草刈り)の安全対策はその一例と言えます。光山小学校、川角中学校の通学路で道路には鬱蒼(うっそう)とした草木が繁茂し、住宅には大木が倒れた場合、民家を直撃しかねないものでした。この課題には地区の方とご一緒し、担当課(生活環境、町づくり整備など)に伺いました。今回はこの要請(担当課から「対策を促す」要請書が送付される)に地権者はじめ関係者の方が誠実に応えて頂けたものと思います。皆さま、本当にご苦労様でした。引き続き住民、行政が一体となり(もちろん議員も)安全・安心な町づくりに尽力したいと思います。
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

パ−トナ−シップ制度導入の請願、毛呂山町採択よかったですね! 友人より

「パ−トナ−シップ制度導入の請願、毛呂山町採択よかったですね」とのメールを今日の朝に、越生町の友人より頂きました。本当に嬉しく、私はさっそく「請願の提出者が若く勇気を出し、頑張ってくれました。議員も徐々に理解し、纏まった結果です」「あとは、町長、町行政に理解を求めたい」と返信させて頂きました。 6月19日(火)読売新聞の朝刊、毛呂山町は「住民へ周知していないので、すぐに創設するのは難しい」と慎重だとの記事。しかし今日21日(木)毎日新聞の朝刊、井上町長は「制度の導入などを前向きに対処したい」と話していると報道。越生町の友人もこの記事を持って、「良かった」と思ってくれたものと思います。続く、川越市、さいたま市など。  お互い頑張りましょう!
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

我が家のぶどう

「我が家のぶどう」写真です。
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

スマホからブログ発信を開始❗

もうスマホなれましたか?の友人の質問にまだまだ、しかし身の程知らずに試し打ち。しばらく、ご勘弁ください。岡野

この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

毛呂山町にも欲しいですね! 竪穴住居(富士見市水子貝塚公園から)


 6月9日(土)の午後、ふと見たポスターに心躍り、富士見市水子貝塚に車を飛ばしました。この日は、水子貝塚資料館の特別企画「竪穴住居の世界」が開催されていました。公園内には5棟の竪穴住居(復元)があり、茅屋根や柱の痛みが激しくなってきたため、平成25年度から1棟ずつ改修工事を進め、昨年度で5棟全てが終了しました。
 素晴らしい!眺めです。1棟でどの位で建ちますかと聞いたところ、800万円から1200万円。国の補助が有りその半額とのこと。なお、友人に「毛呂山町にもぜひ欲しいね!」と話したら「毛呂山町に以前、有ったよね」、「この間、孫と登呂遺跡に行ってきたよ。ロマンがあるよ」と話してくれました。

【水子貝塚公園 施設概要】 (水子貝塚資料館 電話 049‐251‐9686)
水子貝塚は、縄文時代前期(約5500〜6500年前)を代表する貝塚として、昭和44年、国の史跡に指定されました。その後、遺跡の保存と活用のため整備が行われ、平成6年、『縄文ふれあい広場 水子貝塚公園』として開園しました。
公園に隣接した場所には、市内の遺跡から出土した考古資料を中心に展示している『水子貝塚資料館』があります。

竪穴住居
園内には5棟の竪穴住居が復元されています。このうち竪穴住居1棟には、当時の居住生活の様子が、縄文人の家族とともに、再現されています。
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

「パ−トナ−シップ制度」 賛成討論3名あり採択!

 6月議会最終日の今日11日(月)午前9時30分から、本会議場にて議会が開会。請願1件「パ−トナ−シップ制度」が賛成多数にて採択されました!吉報を町民皆さんに一刻も早く届けたく、以下に報告。結果は賛成7、反対5、退席1でした。 なお、素晴らしいことに賛成討論3名(下田、千葉、岡野議員)反対討論1名が訴えました。どの意見も説得力のある内容で「議会だより」の発行をお待ちください。

          ★ 以下に恐縮ですが【岡野勉の賛成討論】を記載、参考まで。
「毛呂山町におけるパ−トナ−シップの公的認証および性的少数者に関する諸問題への取り組みに関する請願書」に対し、賛成討論。

■ 本請願は毛呂山町在住の一青年が勇気を持って「毛呂山町が住みよい街になれば、毛呂山町はずーと私のふる里です」との思いで、「請願」の提出に至りました。
 日本で、また本町では、まだまだ「性的少数者」に対する不利益や偏見・差別が日常的に存在し、顧みられない現状にあり、この現状から逃げることなく今回の問題提起がなされました。
 本質的には「同性カップル故(ゆえ)に、好きな人と人生を生きられない。住めない、子どもを育てることが許されない」また、具体的には公営住宅の入居、職場の福利厚生の適用、民間サービスの適用等々の壁が高く!何としても「パ−トナ−シップ認証制度」の創設が急がれます。G7の先進国で同性婚も、それに準ずる権利を同性カップルに与える法律もないのは日本だけです。   

■ しかし、最近やっとマスコミ、テレビ、ラジオ、新聞でこの現状を打破する動きが見られ、経済評論家の勝間和代さんが女性パートナーの存在を表明、当総務・文教委員会審査の前夜「NHK」で特集を組んだり、昨日は児童養護施設で里親に同性カップルが可能となるなど、連日取上げられています。
 私も実は、3か月前までは「当問題」に半信半疑でしたが、この請願を通して町づくりの「本質」を教えられ、当町にも何としても「パ−トナ−シップ認証制度」が必要だとの結論に至りました。それは「性的少数者」いわゆる『少数意見に耳を傾け、少数意見を尊重する』町づくりこそが、誰にとっても真に「安心な住みよい町づくり」「若者が定住する町」なんだと気付かされました。
 どうか、町がしっかりと当請願の趣旨を受け止め、制度の創設、どう言ったサービスが可能か。行政が諸問題に対する取り組み・検討をすすめていただきたい。そのため、全議員の理解と賛成で本請願を採択されるよう強く訴え・賛成討論とします。(以上)
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

「パートナーシップ制度」導入の請願 委員会で採択! 毛呂山町


 今日7日(木)午前9時30分から議会委員会室において「毛呂山町におけるパ−トナ−シップの公的認証および性的少数者に関する諸問題への取り組みに関する請願書」の委員会審議が行われました。結果は討論が有り(岡野)、賛成多数にて採択されました。最終日の6月11日(月)本会議が、残されていますが本当に良かった。
 
 請願の趣旨は(1)毛呂山町において、「パ−トナ−シップの認証制度(仮称)」を創設していただきたい。(2)婚姻や事実婚などの関係にある異性カップルを「家族」という単位で供与するサービスや事務にはどういうものがあるか、・・同性カップルにも適用が可能かについて、提示していただきたい。(3)教育、福祉、医療、就業、その他のあらゆる行政活動において、性自認、性的指向に関する諸問題に対する取り組みをすすめていただきたい。の3点に亘ります。

 少し、報告が長くなりますが、まずは毛呂山町在住の一青年が勇気を持って「毛呂山町が住みよい街に・ふる里になれば」との思いで「請願」の提出に至りました。性的少数者・LGBTに対する不利益や偏見・差別が顧みられない現状から逃げることなく、問題を提起してくれました。具体的には「ただ、好きな人と生きていきたい。子どもを育てたい(同性カップル)」、公営住宅の入居、職場の福利厚生の適用、民間サービスの適用等々の壁、何としても「パ−トナ−シップの認証制度」の創設が急がれます。 G7の先進国で同性婚も、それに準ずる権利を同性カップルに与える法律もないのは日本だけだという。   
 安心で「住んで良かった毛呂山町づくり」のため、当請願の採択を全町民・全議員の討議と団結で採択を勝ち取りましょう!

【写真】全国の自治体で「パートナーシップ制度」導入を一斉に請願(6月5日)
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

6月議会の一般質問! 4日(月)午後2時15分から

 岡野つとむの一般質問は6月4日(月)午後2時15分から。3月議会では不覚にも3日間「腹痛」のため、議会を欠席、一般質問が出来ませんでした。質問内容(同様)は以下の通り3点。場所は役場:本会議場(5F)皆さん!ぜひ傍聴にお出で下さい。なお、質問に対するご意見・要望など遠慮なくお寄せ下さい。しっかりと質問に反映させます。

1、川角駅周辺整備及び、森戸橋架け替え工事の進捗状況、課題について
(1)川角駅周辺整備、森戸橋の架け替えで予想される交通量・交通の流れはどう変化が見込まれるのか。調査結果などお聞きする。
(2)毛呂山町の東の玄関口として、町民・学生・通学路の安全・安心な生活道路の確保からも着実な進展を切望する。川角駅周辺整備及び西大久保(関根肥料屋さん前)変形5差路の進捗状況はどうか。地権者説明会で出されている地権者の意向・意見の特徴と住民説明会のあり方、実施予定を伺う。
(3)川角駅周辺整備に掛かる総事業(工事)費および町、大学などの負担割合はどうなるのか、お聞きする。

2、崇徳寺跡保存・整備と今後の課題について
(1)崇徳寺跡の歴史遺跡としての位置付け、並びに価値はどういったものなのか。また、崇徳寺跡周辺の保存整備、今後の調査、発掘、保存、活用の在り方をお聞きする。
(2)なお、町民からは崇徳寺の「延慶の板碑」安置場所を元に戻したらどうか。との意見を複数に亘り聞いている。どう対応していくのか、町の考えをお聞きする。                       
             
3、「出前講座」の新設について
(1)住民の要請(要望)に対し、町の職員が、地域で行われる集会や団体の会議、学校の授業などに出向き、町政についてわかりやすく説明する。また、町の重点的に取り組む事業や、安心、安全、福祉など町民の生活に直結したテーマに的確に応える講座。ぜひ、本町でも新設をお願いする。

【写真】4月24日に種を植えたジャガイモ、今年は豊作か!
                                  以上
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

5・3憲法集会に6万人が大結集! 署名は1350万筆


 雨音が、午前4時に一旦起きた耳に聞こえてきました。野菜づくりにとっては「恵みの雨」、心の中ではアー良かった!と。しかし、今日は有明防災公園で憲法集会。傘を覚悟でその後、支度にかかりました。
 有明に到着の午後1時30分快晴!会場はひとひとで溢れ、6万人が総結集!連帯のトークでは山内敏弘・一橋大名誉教授は『戦後、平和を享受できたのは9条のおかげ。自衛隊を明記して戦争の準備をするより、孫の代まで生かすべきだ』。そうだー。  そして、9条守ろう!3000万署名は現在1350万筆と報告されました。また、核兵器の廃絶と平和な世界の実現をめざす「高校生1万人署名」は総数150万筆に及びますと報告されました。                        
 ガンバっているなー。皆さんに元気を頂き、さっそく今日(4日)から地元毛呂山町では署名のローラー作戦、2人1組90分で20名の署名を頂きました。ガンバって!皆さんの温かいご協力に対し、全国3000万署名達成まで頑張ります!
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください
<< このページは65ページ中の2ページ目です。>>
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
岡野ツイッター通常表示はこちら
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア