岡野つとむ・市民活動・議員活動レポート

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
岡野つとむ活動レポートトップ
<< 岡野さん! 9条変えてはいけないよ! | 活動レポートトップ | 毛呂山町手話言語条例を日常生活に活かしていこう! >>

3月議会の一般質問! 6日(水)午前10時30分から


 岡野つとむの一般質問は3月6日(水)午前10時30分から。質問内容は以下の通り1点に絞りました。町の進める小中一貫教育、今後の町の教育、強いては町の将来を左右しかねない大変重要な施策です。町の全町民皆さんへの丁寧な住民説明(対面)と全町民の意見反映が必要です。
 場所は役場:本会議場(5F)皆さん!ぜひ傍聴にお出で下さい。なお、質問に対するご意見・要望など遠慮なくお寄せ下さい。しっかりと質問に反映させます。

1、毛呂山町の小中一貫教育(校)について

(1)毛呂山町の「小中一貫教育」。これまでの取り組み、進捗状況、今後の計画をお聞きする。
(2)現在の学校数は小学校4校、中学校2校。しかし、最終的には中学校2校に統合する計画だと思う。そもそも、小中一貫教育(校)導入の動機をお聞きする。
(3)1月26日の「子育て講演会」で講師は、小中一貫教育は「学校統廃合とは関係ありません」と答弁された。しかし講演で流された「ビデオの学校」は、今まさに入間市で「学校統廃合」の渦中にある。小中学校27校中、9校の統合(廃校)が提案されている。何であのような答弁をされたのか。                
 また、地域から学校を無くすことは、地域を衰退させる。学校統廃合とは無縁ならば「小学校4校」存続を明言して頂きたい。
(4)毛呂山町学校教育環境等検討委員会で取ったアンケート結果、保護者の声はどこに行ったのだろうか?確か「現状のままでの学校配置」の回答が小学校51% 中学校53%だったと思うが。また現在、策定中である町・総合振興計画で取った住民意向調査によると「最優先に残すべき公共施設に学校施設」が1番と聞いているがどうか。
(5)小中一貫教育、コミニティスクールを一体的に推進すると言うが、町民、保護者、教職員と正直「決定事項が流布」されるだけで、(からないことだらけ決定事項の押し付けH紳舒娶の場がない(意見交換・討論の場)。早急に、4小学校区で住民説明会・地区懇談会が開催すべきです。
(6)子育て講演会で出された教職員の勤務状況(時間外勤務実態調査)、健康管理など。調査結果、対策の現状をお聞きする。町も教職員の健康管理を注視すべきだ。

                         以上
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
岡野ツイッター通常表示はこちら
左に表示されている最新記事一覧
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア