岡野つとむ・市民活動・議員活動レポート

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
岡野つとむ活動レポートトップ
<< 越生町立・梅園小学校を訪問! | 活動レポートトップ | がんばれ! 毛呂山の子ども食堂 >>

小中一貫教育(校)で毛呂山の学校はどうなるの? 12月議会一般質問から 

 12月議会【岡野勉の一般質問(要旨)】12月6日の報告

1、毛呂山町の小中一貫校について

(1)毛呂山町には遠い話と思っていた「小中一貫校」。これまでの取り組み、進捗状況と今後の計画をお聞きする。     
(2)現在の学校数は小学校4校(毛呂山、川角、光山、泉野小学校)、中学校2校(毛呂山、川角)。しかし、最終的には中学校2校に統合する計画だと思う。「広報もろやま」の掲載でなく、保護者、町民、教職員への直接の説明会はいつ行うのか。
(3)毛呂山町学校教育環境等検討委員会で行なったアンケート結果、確か「現状のままでの学校配置」を望む保護者の声は小学校51%、中学校53%だったと思うが。どうしてこの対応になったのか。                  
(4)何度となく報告書には『中一ギャップ』など有効とあるが、本町では検証されたのか。また、小中一貫校は小学校高学年での「リーダーシップ育成に阻害」と言われるが、どうか。
(5)教職員数など削減されないだろうか。教員はじめ校長、養護教員、事務職員、学校校務員など、現状と「一貫校」での教職員の推移をお聞きする。また、教職員の減少は「児童・生徒に向き合う時間が削られる」ことだと思う。あと今まで以上に長時間労働にならないかも懸念される。
(6)地域から学校を無くすことは、地域を衰退させる。通学バスを走らせてまで「統廃合」を推し進めることに疑問を感じる。小学校4校は、保護者アンケート結果を尊重し、現地で存続させるために最善を尽くすべきと思う。

2、毛呂バスの運行について
(1)現在までに「もろバス」運行の変更検討について、有効な意見や対策は寄せられているだろうか。お聞きする。
(2)利用者から相変わらず9名の定員を上回る「積み残し」の実態が寄せられている。今年の「積み残し」件数を停留所毎に結果を聞かせて頂きたい。また、近隣市町の対応はどうなされているか。
   
   ◎答弁など 後日掲載致します。        (以上)  

 岡野つとむの一般質問 ≪毛呂山町小中一貫教育の現状≫ ぜひご覧ください
ゆずの里ケーブルテレビ 12月12日(水)午後1時から
毛呂山中央テレビ(2回)12月12日(水)午前10時から 午後7時から

この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
岡野ツイッター通常表示はこちら
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア