岡野つとむ・市民活動・議員活動レポート

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
岡野つとむ活動レポートトップ
<< 今日から朝ビラ・川角駅に立つ! | 活動レポートトップ | 川越駅に念願のホームドア 設置される! >>

3月議会 一般質問の日程が決まる! 6日(火)午前9時30分から

 岡野つとむの一般質問は3月6日(火)午前9時30分から。質問内容は以下の通り2点。場所は役場:本会議場(5F)、皆さん!ぜひ傍聴にお出で下さい。なお、質問に対するご意見・要望など遠慮なくお寄せ下さい。しっかりと質問に反映させます。

1、川角駅周辺整備及び、森戸橋架け替え工事の進捗状況、課題について

(1)川角駅周辺整備、森戸橋の架け替えで予想される交通量・交通の流れはどう変化が見込まれるのか。調査結果などお聞きする。
(2)毛呂山町の東の玄関口として、町民・学生の安全・安心な生活道路の確保からも着実な進展を切望する。川角駅周辺整備及び西大久保(関根肥料屋さん前)変形5差路の進捗状況は、どうか。地権者説明会で出されている地権者の意向・意見の特徴と住民説明会のあり方、実施予定を伺う。

2、崇徳寺跡の保存・整備と今後の課題について

(1)崇徳寺の歴史遺跡としての位置付け、並びに価値はどういったものか。 また、崇徳寺跡保存整備の今後の調査、発掘、保存の在り方をお聞きする。
(2) なお、町民からは崇徳寺の「延慶(えんきょう)の板碑」安置場所を元に戻したらどうか。との意見を複数に亘り聞いている。どう対応していくのか、町の考えをお聞きする。  
                               以上

◎崇徳寺跡に立っていた「延慶の板碑」は、昭和37年(1962)に保存上の理由により現在の場所へ移転されました。延慶3年(1310)と刻まれた塔婆は、高さ3メートルもある大型板碑です。 移転の際、延慶の板碑の下から古瀬戸の蔵骨器が出土しました。蔵骨器は、延慶の板碑とともに埼玉県指定文化財に指定され、毛呂山町歴史民俗資料館に展示されています。
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
岡野ツイッター通常表示はこちら
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア