岡野つとむ・市民活動・議員活動レポート

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
岡野つとむ活動レポートトップ
<< 12月議会 一般質問は12月7日 午前9時30分から | 活動レポートトップ | 工場排水は公共下水道へ! 町民皆さんの協力で「請願署名」が順調です! >>

毛呂山町平和都市宣言  全会一致で可決されました!

嬉しい報告です。12月8日の毛呂山町12月議会、歴史的には日本が太平洋戦争に突入した日、やっと「毛呂山町平和都市宣言」が議会(町提出議案=パブリックコメント7件有り)において全会一致で可決されました。
 「やっと」と言うのは、これまでにも一般質問で、そして請願でとの試みもありましたが「宣言」の性格上、全会一致が望まれました。確か、現時点での宣言自治体は県内63自治体で58番目となります。何で今までとの思いもありますが、現情勢下での宣言・制定は大変重要なものと思います。

 なお、私は賛成討論で「平和都市宣言の制定は、長い町民の願い・思いであったこと」。そして何より、宣言制定後の町の「平和行政・平和事業に期待する」。近隣自治体では、越生町、坂戸市、鶴ヶ島市、川越市など取り組みの参考事例があることを申し述べました。 以下に宣言。

              毛呂山町平和都市宣言

 里山の緑と清流、四季折々に美しく変化を見せる自然の中で、安らぎに満ちた平和な日々を送ることが、町民共通の願いです。
 しかしながら、世界各地では、依然として武力紛争などが絶えず、多くの尊い命が奪われています。
 私たち毛呂山町民は、世界で唯一の核被爆国の国民として、非核三原則を遵守し、核兵器の廃絶をはじめ、戦争の惨禍が繰り返されることのないよう、平和の尊さを訴え続けていかなければなりません。
 毛呂山町は、平和で豊かな社会を築き、未来を生きる子どもたちに引きついでいくために、町民の心を一つにして平和への誓いを新たにし、ここに「平和都市」であることを宣言します。
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください
岡野ツイッター通常表示はこちら
左に表示されている記事一覧
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア