岡野つとむ・市民活動・議員活動レポート

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
岡野つとむ活動レポートトップ

毛呂山町手話言語条例を日常生活に活かしていこう!


 遅ればせながら、6月議会において毛呂山町手話言語条例が議員の全会一致で議決されました。ここに、拙い討論ですが賛成討論を行いましたので、条例の豊富化の一助になればと掲載しました。

 本議案「毛呂山町手話言語条例」の提出までには、2つの請願がありました。        
 1度目は5年前の2014年9月議会で「手話言語法制定を求める請願」が全会一致で採択、国でもほぼ100%の自治体で採択されました。しかし、手話に対する理解が社会において深まったとは言えない現状に直面し、2度目である昨年12月議会には各自治体に対し「手話言語条例の制定を求める」請願が提出され、同じく全議員の賛成で採択されました。請願提出者の粘り強い努力がありました。

 そして、今回の6月議会に町より本条例が策定・提出された訳ですが、条例作成過程では請願の趣旨を理解しようと提出者に聞き取りをすると共に内容の充実に努める姿勢がくみ取れます。またこの間、実際に手話通訳の派遣や手話講習などに当たっては、利用回数・内容に前進面が伺えます。           
 今後は本条例の目的・理念・責務の実用化、内容の充実と豊富化に心掛けるとともに、改めて「手話は言語である」との認識に基づき、手話の普及に努め、ろう者と町民が心を通わせ、共に暮らしやすい毛呂山町を目指して、手話が音声言語と同じように、どこでも気兼ねなく自由に使える社会環境をつくるため、普段の努力を積み重ね「人にやさしいまちづくり」に力を合わせて行きましょう。
 以上を申し述べ、本条例の賛成討論といたします。

                 2019年6月11日
                 岡野 勉
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

3月議会の一般質問! 6日(水)午前10時30分から


 岡野つとむの一般質問は3月6日(水)午前10時30分から。質問内容は以下の通り1点に絞りました。町の進める小中一貫教育、今後の町の教育、強いては町の将来を左右しかねない大変重要な施策です。町の全町民皆さんへの丁寧な住民説明(対面)と全町民の意見反映が必要です。
 場所は役場:本会議場(5F)皆さん!ぜひ傍聴にお出で下さい。なお、質問に対するご意見・要望など遠慮なくお寄せ下さい。しっかりと質問に反映させます。

1、毛呂山町の小中一貫教育(校)について

(1)毛呂山町の「小中一貫教育」。これまでの取り組み、進捗状況、今後の計画をお聞きする。
(2)現在の学校数は小学校4校、中学校2校。しかし、最終的には中学校2校に統合する計画だと思う。そもそも、小中一貫教育(校)導入の動機をお聞きする。
(3)1月26日の「子育て講演会」で講師は、小中一貫教育は「学校統廃合とは関係ありません」と答弁された。しかし講演で流された「ビデオの学校」は、今まさに入間市で「学校統廃合」の渦中にある。小中学校27校中、9校の統合(廃校)が提案されている。何であのような答弁をされたのか。                
 また、地域から学校を無くすことは、地域を衰退させる。学校統廃合とは無縁ならば「小学校4校」存続を明言して頂きたい。
(4)毛呂山町学校教育環境等検討委員会で取ったアンケート結果、保護者の声はどこに行ったのだろうか?確か「現状のままでの学校配置」の回答が小学校51% 中学校53%だったと思うが。また現在、策定中である町・総合振興計画で取った住民意向調査によると「最優先に残すべき公共施設に学校施設」が1番と聞いているがどうか。
(5)小中一貫教育、コミニティスクールを一体的に推進すると言うが、町民、保護者、教職員と正直「決定事項が流布」されるだけで、(からないことだらけ決定事項の押し付けH紳舒娶の場がない(意見交換・討論の場)。早急に、4小学校区で住民説明会・地区懇談会が開催すべきです。
(6)子育て講演会で出された教職員の勤務状況(時間外勤務実態調査)、健康管理など。調査結果、対策の現状をお聞きする。町も教職員の健康管理を注視すべきだ。

                         以上
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

岡野さん! 9条変えてはいけないよ!

  先日、地元西大久保の大先輩が「安倍さんが9条を変えようとしているが、変えたら若い人がアメリカの戦争に引っ張られていくよ」と『メダカ通信』添付「改憲NO!3000万署名」にサインをしてくれました。

 なお、こんな話もしてくれました。「内(うち)のおやじは33歳、フィリピンで戦死(1944年9月)。国は3か月で帰すといったがうそだった!フィリピンで1年後の死だ」「当時、まだ俺は一歳にもなっていないので親の顔は見ていない」。「こんな思いは誰にもさせてはならない。9条変えたら必ず、戦争に引っ張られる。変えてはいけない!岡野さん!がんばれ!」。
 ガンバロウ!大きな勇気を先輩から頂きました。
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

成人式(つどい)って いいですね! 


 13日の成人式、ウィズ毛呂山で開催された「成人のつどい」に参加、議会を代表し祝辞を述べさせて頂きました。新成人のことばでは「親への感謝、勉強の大切さ、自分の頭で考える姿勢」が述べられました。 がんばれよ!頼もしいなーと感じました。

 小・中学校恩師からも祝いの言葉がありました。私と同じ思いは「いつまでも同級生(仲間)を大切に!沢山の友情(絆)を育てて行ってほしい」「皆さん!いつまでも応援しているよ」ジンときます・嬉しいですよね。涙が出そう。そして、最後に全員合唱の「HEIWAの鐘(へいわのかね)」を歌いました。皆さん、この歌が本当に好きなんですね。大きな歌声に何度も新成人の方々を振り返り見ました。皆さん、目を輝かし・すばらしい青年です。 いい歌ですね。 『シンガーソングライターの仲里幸広が作詞・作曲した楽曲。その後、白石哲也の編曲により合唱曲』

 【HEIWAの鐘】(へいわのかね)

LA LA LA LA LA ........
よみがえれ あの時代(とき)へ
武器を持たぬことを伝えた
先人たちの声を永遠(とわ)に語り継ぐのさ
脅(おびや)かすことでしか守ることができないと
くり返す戦争(つみ)忘れゆく
愚かな権力(ちから)よ
いつか[自由な空が]
虹かかる[翼ひろげゆく]
風に[高く大きな]幸せ贈るだろう
※ぼくらの生まれたこの地球(ほし)に
奇跡を起こしてみないか
拳(こぶし)をひろげてつなぎゆく
心はひとつになれるさ
平和の鐘は 君の胸に響くよ

唄い踊り 助け合った
振り向かず笑い続けた
誇る島の魂を永遠(とわ)に守り抜くのさ
銃声が鳴り響き海や大地が砕け散る
正義の叫びこだまする
フェンスを飛び越えて
君が[一人立てば]
変わるのさ[明日へ輝いて]
ずっと[未来の夢を]ここに残してゆこう
※(繰り返し)
君が[一人立てば]
変わるのさ[明日へ輝いて]
ずっと[未来の夢を]ここに残してゆこう
※(繰り返し2回)
平和の鐘は 君の胸に響くよ
LA LA LA LA LA ........
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

群馬県大泉町に続こう! 「LGBT」制度スタート!

 新年あけまして おめでとうございます!
皆さま 今年もご指導のほどよろしく お願い致します


 初詣は地元の八坂神社にお参りしました。皆さんと元気にあいさつ!
 話はやはり、森戸橋の架け替え工事、西大久保変形5差路の問題です。森戸橋が(どんどん)架け替えられている一方で、一体・地元(5差路)はどうなっているんだ!話も無い!と不安が噴出しました。皆さん、マチマチの情報で確かなものが有りません。早急に町の対応が求められています。(下写真)

 その一方で、昨年12月25日(火)17時40分NHKニュースで、群馬県大泉町は「LGBT」と呼ばれる性的マイノリティーの人たちのカップルを公式に認め、町営住宅への入居を認める新たな制度を来月から導入することを明らかにしました。と放送。
 これは「パートナーシップ制度」と呼ばれるもので、町内に住む20歳以上のLGBTの人たちが、住民票と戸籍謄本、それにカップルであることを誓う宣誓書を提出すると、町が公式にカップルとして認め、町営住宅への入居を認めるということです。
 町はこの制度を来月1日から導入することにしていて、町によりますとこうした制度を自治体が導入するのは、全国で10番目、県内では初めてだということです。       
 また、25日の会見で村山町長は、妊婦が医療機関を受診した際に医療費に上乗せされ、来月1日から凍結されることが決まっている妊婦加算について、町内の妊婦がことし4月から今月にかけて支払った医療費と妊婦加算を、2000円を上限に助成することも明らかにしました。助成は来月以降、住民から医療機関の領収書などの提出を受けて行われるということです。


 毛呂山町は昨年6月議会「全会一致」で、町村議会にあって全国トップで「同性パートナーシップ制度」を請願採択させました。しかし、対応はまだない! 今年こそ!  町は制度を(2019年)スタートせよ! がんばろう!
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

がんばれ! 毛呂山の子ども食堂


 昨日、姉より電話が有り。「野菜は体に良い(いい)」今なら白菜、大根があるから取りにくればとの話しでした。ひと通り話し、私が「そうだ!子ども食堂に届けていいかい?」と言ったところ。実は姉の孫が、直ぐそこの「ガーデンさん(役場北の喫茶店)にたのしみに食べに行っているんだよ」と話が弾みました。私も(岡野)邪魔にならない程度にガーデンさんに行き来していることを話し、人のつながりとは面白いものだなとつくづく実感しました。最近ガーデンさんは、軌道に乗り高齢者の方も利用しています。食事の他にビンゴ、宿題、話をしたり、遊ぶ場所、近くには公園もあります。

 『毛呂山・こども食堂ガーデン』 鷲尾里江さんから
 こども食堂とは、お父さん、お母さんが忙しくて留守番をしなくてはいけない、又は体調が悪く調理できない等々、理由は様々ですがひとりでご飯を食べているこども達へ、こどもが一人でも安心してこれる『食堂』としての場所の事を言います。
 私たちのテーマは『孤食を防ぐ』『孤食』から『共食』を目標とし、今は月に1度ですが、細くても長く活動して行くことを目指して行きます。開催予定は毎月第2土曜日(時間:17:00〜19:00)。どなたでもお気軽にお出で下さい!
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

小中一貫教育(校)で毛呂山の学校はどうなるの? 12月議会一般質問から 

 12月議会【岡野勉の一般質問(要旨)】12月6日の報告

1、毛呂山町の小中一貫校について

(1)毛呂山町には遠い話と思っていた「小中一貫校」。これまでの取り組み、進捗状況と今後の計画をお聞きする。     
(2)現在の学校数は小学校4校(毛呂山、川角、光山、泉野小学校)、中学校2校(毛呂山、川角)。しかし、最終的には中学校2校に統合する計画だと思う。「広報もろやま」の掲載でなく、保護者、町民、教職員への直接の説明会はいつ行うのか。
(3)毛呂山町学校教育環境等検討委員会で行なったアンケート結果、確か「現状のままでの学校配置」を望む保護者の声は小学校51%、中学校53%だったと思うが。どうしてこの対応になったのか。                  
(4)何度となく報告書には『中一ギャップ』など有効とあるが、本町では検証されたのか。また、小中一貫校は小学校高学年での「リーダーシップ育成に阻害」と言われるが、どうか。
(5)教職員数など削減されないだろうか。教員はじめ校長、養護教員、事務職員、学校校務員など、現状と「一貫校」での教職員の推移をお聞きする。また、教職員の減少は「児童・生徒に向き合う時間が削られる」ことだと思う。あと今まで以上に長時間労働にならないかも懸念される。
(6)地域から学校を無くすことは、地域を衰退させる。通学バスを走らせてまで「統廃合」を推し進めることに疑問を感じる。小学校4校は、保護者アンケート結果を尊重し、現地で存続させるために最善を尽くすべきと思う。

2、毛呂バスの運行について
(1)現在までに「もろバス」運行の変更検討について、有効な意見や対策は寄せられているだろうか。お聞きする。
(2)利用者から相変わらず9名の定員を上回る「積み残し」の実態が寄せられている。今年の「積み残し」件数を停留所毎に結果を聞かせて頂きたい。また、近隣市町の対応はどうなされているか。
   
   ◎答弁など 後日掲載致します。        (以上)  

 岡野つとむの一般質問 ≪毛呂山町小中一貫教育の現状≫ ぜひご覧ください
ゆずの里ケーブルテレビ 12月12日(水)午後1時から
毛呂山中央テレビ(2回)12月12日(水)午前10時から 午後7時から

この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

越生町立・梅園小学校を訪問!


 11月21日の午前10時から1時間。私たち『毛呂山・越生教育を考える会』は越生町の梅園小学校を訪問しました。名称の通り、学校は梅畑(梅林)の中にある小学校でとても落ち着いた佇(たたず)まいでした。
 児童数は1年生12人、2年生10人、3年生3人、4年生9人、5年生9人、6年生15人、特別支援学級2人、計60人です。学年ごとに単学級で7クラス、毛呂山町の光山小学校が240名ですので、約4分の1の児童数です。

 校舎1階の玄関を入ると正面に広い交流の広場。年間の諸行事(修学旅行、運動会、遠足、校内音楽会等々)の写真が貼り出され、1年生から6年生までが(計60人)兄弟・姉妹のように学校生活を謳歌しているようです。
 授業はご覧の通り(写真)これなら分からない事など、どんどん理解できるまで先生が教えてくれます。越生町は基礎学力が高いようです。なお、小規模校、大規模校とそれぞれメリット・デメリットがあるでしょうが、梅園小では「社交性や揉まれる」など、発表の機会を増やすなど克服にも力を入れているようです。
 以上、感想は尽きませんが今後とも学校の在り方など多角的視点を持って、足を使い・研究して行きたいと思います。越生町教育委員会、梅園小学校の校長先生はじめ皆さん!有難うございました。
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

上田清司(きよし)県知事に、2019年度「県政要望」を手渡しました!


 昨日(11月6日)社民党埼玉県連合及び議員団9名が埼玉県庁を訪問、上田清司埼玉県知事に対し、58項目に亘る2019年度・県政要望を提出しました。なお、毛呂山町民・皆さんから頂いた貴重な要望(声)を岡野つとむは懇談の中で、しっかりと上田清司知事に伝えました。
 【注】紙面では以下の5項目、口頭では旧毛呂山高校の跡地利用(利活用)。

(1)埼玉県独自の公立小・中学校、少人数学級(小学2年生まで35人学級、中1が38人学級)の継続と拡大を実施して頂きたい。
(2)旧毛呂山高校の跡地利用(利活用)を関係自治体と連携し、安全・安心確保の
 ため、迅速に推進して頂きたい。
(3)毛呂山町西大久保地内、変形5差路交差点(事故多発)の県道改良工事および
 信号機設置を強く要望する。西大久保733。
(4)毛呂山町西大久保地区の葛川放水路による住宅浸水対策を待ったなしで要望する。場所は、毛呂山町西大久保1004-2。
(5)毛呂山町玉林寺地区の県道(ときがわ坂戸線)冠水対策を引き続き、要望する。場所は毛呂山町大字川角2263-1。
                             以上
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

榛名湖へ下見 やはり必要ですね!


 11月4日(毛呂山町では流鏑馬=3日の翌日)後援会のハイキング(実施日)。そして、今日スタッフ4名で榛名湖・榛名富士の下見を行ないました。久しぶりの快晴!「良い日だね!」と口々に嬉しさが発せられました。なお、まだ紅葉には早い訳ですが、実に榛名湖は綺麗で気持ちが晴れ晴れとしました。榛名山ロープウェイで山頂へ。富士山、武甲山も展望でき、紅葉の時期が楽しみです。沢山の皆さんにも見てほしい。
 榛名公園ビジターセンター(*)で予備知識を得て、さっそくハイキングコースや昼食の場所、危険個所はないかなど打ち合わせをしました。夕方、無事に帰路に着きました。

(*)榛名湖畔にあり、榛名山の成り立ちや現在の様子を、動植物や地質の面から知ることができる施設。榛名山ではミズナラ、カシワ、レンゲツツジ、ユウスゲなどが多く見られ、特にユウスゲの群生地は見どころのひとつとなっている。併設の榛名ロッジでは、軽食や喫茶の利用ができる。榛名山ロープウェイの榛名高原駅にも近い。
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください
このページは66ページ中の1ページ目です。>>
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
岡野ツイッター通常表示はこちら
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア