岡野つとむ・市民活動・議員活動レポート

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
岡野つとむ活動レポートトップ

第31回「埼玉反核・平和の火リレー」 毛呂山町を訪問


 昨日(26日)、第31回「埼玉反核・平和の火リレー」が、毛呂山町を訪問。全世界の核兵器を廃絶!(現在の総保有数は15000発:ストックホルム国際平和研究所調べ)、各自治体への平和行政推進を要請し、比企地区へとバトンを引き継ぎました。このリレーは、広島平和公園の「平和の火」をトーチに灯(とも)し、県内40(約6割)にも及ぶ自治体に対し、平和行政推進を呼び掛けるものです。
【写真】あと50mで役場に到着! 多くの青年と「平和の火」を繋ぎました!

 私は、議会を代表し、一言・歓迎の挨拶を述べさせて頂きました。
 皆さま 猛暑の中、ご奮闘誠に有難うございます。
\こΔら、核兵器の廃絶を!各自治体への平和行政の推進を訴えられました。
 なお(1)リレーランナー、実行委員の皆さん:約25名(2)副町長をはじめ、毛呂山町役場の皆さん!(3)街頭など、ご支援・ご声援を頂いた町民の皆さん! 皆様のご理解の中で勇気を頂き、31年もの長きに渡り「平和の火リレー」が継続されていることと思います。

一言、ご報告ですが。
 1昨年のノーベル平和賞は、ICAN(アイキャン)、ピースボートの活躍でした。今年の候補は、ナガサキ、ヒロシマの「高校生平和大使」で約20年間に及ぶ核兵器廃絶の署名活動(約167万筆)が評価されました。さて、来年は全国で32年間に亘り、取り組んでいる「反核・平和の火リレー」ではないでしょうか。是非、お体を大切に頑張ってください。 
 最後に、毛呂山の「平和都市宣言の支柱」が、役場入口に昨年9月10日に建てられましたことをご披露しました。◆31年前の自治体要請は主に「被爆者援護法の充実」「非核・平和都市宣言」を謳う(制定)ことでした。    
                               以上
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

西大久保の交差点 年間19件の交通事故!


 6月議会の一般質問で明らかになった西大久保交差点(肥料屋さん5差路)の1年間の交通事故件数は何と19件でした。この危険な交差点は50年来の課題であり、2010年3月議会では3878名の住民による請願を持って趣旨採択されています。一刻も早く「交差点の道路改良、信号機設置」を実現し、安全・安心な毛呂山町を力を合せ作っていきましょう。

(問)川角駅周辺整備、森戸橋架け替え工事で確実に交通量は増える。その場合、通学路の安全対策はどう考えていますか。 
(答)今の所、具体的な対応は無い。工事の進展を見て対応する。
(問)森戸橋架け替え工事の完成はあと3年を切った。川沿いの団地(ひばりが丘)の通学路が心配だ。対応をお願いする。
 また、40年から50年来の課題である西大久保交差点(5差路)、1年間の交通事故件数はどうか。
(答)平成28年3月からの事故件数は、1年間で19件になる。   
住民説明会はいつ開催するか
(問)1年間で19件の事故。毎月1・6件の事故だ。町民の生命・いのちが危険に晒されている。この交差点の改良は「待ったなし」「切実な住民の願いだ」。住民説明会はいつ開催するのか。
(答)現在、地権者との交渉に当っており「工事の段階」になれば説明できると思う。
【要望】「工事の段階」では遅い。地権者との合意の後では変更・要望が効かない。今の段階(構想)で地区住民、利用者の声を総合的に聞くべきだと思う。

崇徳寺跡の「史跡公園化」と「延慶(えんきょう)の板碑」を寺に戻す
(問)町民皆さんから崇徳寺「延慶の板碑」の安置場所を元に戻してほしい。との意見を複数聞いている。
(答)移動は板碑の破損などで困難。又、板碑の位置が特定できず、現段階では難しいものと考えている。
(問)現代の移動技術を活用。位置も「県指定遺跡」故(ゆえ)に特定できるものと考える。埼玉県屈指の中世遺跡群\邀儻妬群鎌倉街道6賣喀廟廚鮃腓擦晋園化と全町民の議論が必要だ! 
(答)充分検討して行きたい。
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

7・26 「平和の火リレー」が毛呂山町へ来ます! ランナー募集!


今年で第31回の「埼玉反核・平和の火リレー」が7月26日(木)毛呂山町に来ます。
昨年はじめて「平和の火リレー」が毛呂山町に到着、多くの町民の皆さんの出迎えを頂きました。町からは町長、議長、担当課の皆さんも参加、温かい激励のあいさつを頂きました。「平和の火リレー」は、広島平和公園の「平和の火」をトーチに灯(とも)し、多くの青年、女性、学生のランナー(町民)が走り継ぎ、各市町村に対し平和行政推進に関する要請行動を行います。

毛呂山町民の皆さん!毛呂山町役場へは7月26日(木)午後4時45分に到着予定です。どうか、皆さまのご声援・ご支援、ランナーになって(無理のない速さで1km、又は2km)、「平和の火」を引き継いで頂けますよう宜しくお願い致します。             
【毛呂山実行委員会は】坂戸市役所15:30⇒毛呂山町役場の約10kmを担います。

【問い合わせ】 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区3-37-5    
埼玉県青年学生平和友好祭実行委員会 電話080-2287-9792   
私も実行委員です。岡野つとむ(毛呂山町議会議員)090-2240-2951(2018年7月)
 【写真は】昨年の要請行動(毛呂山町役場)
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

石川一雄さんは無実だ! 狭山事件「住民の会」と石川さん


 7月1日の猛暑の中、狭山事件にとりくむ「東葛(とうかつ)住民の会」の皆さんが狭山事件の現地視察(現調)を行ないました。午後からの学習・交流会は狭山市富士見集会所、私も入間住民の会として武井さん三吉さんと参加いたしました。東葛は千葉の松戸市、流山市、東京葛飾区などの地域の皆さんで20年以上に亘り、毎年20名から30名の方が来訪・交流を深めています。

 《学習・交流会から》
石川一雄(いしかわかずお)さん  約30年間の獄中生活、差別と貧困のなか小学校にも充分通えず、文字を奪われていました。獄中で刑務官に10年に渡って文字を教わって、後半の20年間は「獄外に無実を訴えた!」そして、心温まる支援の励ましに対し、お礼の返事を書き続けてきました。
石川早智子(いしかわさちこ)さん 約40年前、「逃げていても差別はなくならない」と獄中から訴える男性のメッセージに心を動かされた。男性は自分と同じ境遇の被差別部落出身。刑務所で文字を覚え、「部落差別による冤罪だ」と主張していた。

【狭山事件とは】埼玉県狭山市で1963年に女子高校生(当時16歳)が殺害された「狭山事件」は5月1日、発生から55年を迎えた。強盗殺人罪などで無期懲役が確定し、第3次再審請求をしている石川一雄さん(79)=仮釈放中=は、「一日も早く無罪を勝ち取りたい」と訴え続けている。石川さんは「警察官の『10年で出してやる』という言葉を信じた。無知無学だった」と、自白を迫られた経緯を説明。「私をだました警察官を許せない気持ちでいたが、今は明日を見ている。裁判所に真実を見極めてほしい」と語った。
 弁護団によると、2006年に東京高裁に申し立てた「第3次再審請求審」は、今年(2018年)の1月15日にコンピュータによる筆跡鑑定の新証拠6点を追加し、累積された新証拠は197点に及ぶ。なお、コンピュータによる筆跡鑑定結果は「99.9%」筆跡が違うと言う。「石川さんは無実だ!」「狭山事件の再審開始を!」。
 石川さんは1審の死刑判決後に無罪主張に転じたが、2審で無期懲役が言い渡され、最高裁で確定。94年に仮釈放された。事件を巡っては、部落解放同盟や文化人らが「被差別部落出身者への偏見に基づく見込み捜査で冤罪(えんざい)を生んだ」などと訴えて支援活動を展開している。
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

野菜の収穫! トマト ジャガイモ なす

 昨日(2日)収穫しました。
さっそく、新ジャガイモを蒸かし試食。塩を少々、うまーい。
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

残業上限規制が月100時間! とんでもない!断固反対する

 29日「働き方改革関連法」が成立した。本来、働き過ぎを防ぐための残業時間の罰則つき上限規制などが、まともに機能するのか。また、「過労死を助長する」と批判された「高プロ」も大問題を抱えたままで、同時に来年4月から始まることになる。しかし、一つ「残業上限規制が月100時間!」見ても、どんでもない「法(内容)だ」と気付かされる。なお、法案審議に当たり安倍首相は、過労死遺族との面会を拒み続けた。一方で国会は数の力で法案成立を強行した。ともに不誠実でとても理解を得られる法案ではない。

 ◆労基法の原則を守れ!1日の労働時間は8時間・週40時間だ。月20日の労働日とすると毎日5時間の残業=13時間労働を認めることになる。以下に、松丸正弁護士のコメントも掲載した。 

 【労働問題に詳しい大阪市の松丸正弁護士は】残業時間の規制基準に警鐘を鳴らす。「高プロだけが問題のようにいわれているが、法が残業上限と規定する『月100時間』は既に過労死ライン。月80時間以内でも過労死に至るケースは多く、長時間労働の合法化につながる」と指摘。「過労死や過労自死を招く基準にお墨付きを与えるようなもので、到底認められるものではない」と強く批判した。
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

わが家のカボチャ!


 わが家のカボチャです。坂戸の姉から2本の苗をもらいました。確か5月の上旬。はじめの内は黄色い虫(飛ぶ虫)に柔らかい葉はすっかり食べられ、勢いも止まり枯れるかなと思いました。しかし、このままではいけない。野菜作りには物事に億劫がってはダメだ!と兎に角、虫よけの網をかぶせました。

 その結果、みるみる若く青い枝が畑に伸び始めました。勢いも付いて今ではカボチャの実が10個ぐらい着いています。これから肥料や藁を敷いた方がいいのかなど、農家の友人に教えを乞いながらカボチャ作りに励みたいと思います。収穫したら「子ども食堂」さんに届けたいと思います。 
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

通学路の安全対策で動きが出る! 市場・自衛隊川角送信所脇


(1)安心・安全な通学路(整備)が求められています。6月議会では川角駅周辺整備、西大久保地内新設道路(変形5差路整備)に伴う・安全な通学路の重要性を一般質問させて頂きました。なお、町内では各行政区・自治会で、あるいは匿名で「危険な通学路」の改善要望や整備対策が担当課に寄せられている(いた)ことと思います。

(2)市場・自衛隊川角送信所脇(写真:下草刈り)の安全対策はその一例と言えます。光山小学校、川角中学校の通学路で道路には鬱蒼(うっそう)とした草木が繁茂し、住宅には大木が倒れた場合、民家を直撃しかねないものでした。この課題には地区の方とご一緒し、担当課(生活環境、町づくり整備など)に伺いました。今回はこの要請(担当課から「対策を促す」要請書が送付される)に地権者はじめ関係者の方が誠実に応えて頂けたものと思います。皆さま、本当にご苦労様でした。引き続き住民、行政が一体となり(もちろん議員も)安全・安心な町づくりに尽力したいと思います。
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

パ−トナ−シップ制度導入の請願、毛呂山町採択よかったですね! 友人より

「パ−トナ−シップ制度導入の請願、毛呂山町採択よかったですね」とのメールを今日の朝に、越生町の友人より頂きました。本当に嬉しく、私はさっそく「請願の提出者が若く勇気を出し、頑張ってくれました。議員も徐々に理解し、纏まった結果です」「あとは、町長、町行政に理解を求めたい」と返信させて頂きました。 6月19日(火)読売新聞の朝刊、毛呂山町は「住民へ周知していないので、すぐに創設するのは難しい」と慎重だとの記事。しかし今日21日(木)毎日新聞の朝刊、井上町長は「制度の導入などを前向きに対処したい」と話していると報道。越生町の友人もこの記事を持って、「良かった」と思ってくれたものと思います。続く、川越市、さいたま市など。  お互い頑張りましょう!
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

我が家のぶどう

「我が家のぶどう」写真です。
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください
このページは65ページ中の1ページ目です。>>
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
岡野ツイッター通常表示はこちら
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア