岡野つとむ・市民活動・議員活動レポート

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
岡野つとむ活動レポートトップ

いま「読書週間」です!


 ある雑誌から、10月27日から11月9日までが「読書週間」であることを知りました。「読書の力によって、平和な文化国家を作ろう」と戦後の1947年に始まった運動だそうです。つい最近ある方が「物事を知らないと本当に馬鹿を見ることがある」と実感を持って、話されたことがありました。私も思い当たる節が多々有ります。つくづく、「自分の頭で考え、あるべき行動指針を導き出さないと・・」と思います。

 まだ、遅くない!私の今年の抱負は2つ。町民生活の向上(賃上げ)と長時間労働の撲滅です。いま読んでいる本は『啄木と渋民』『先生が忙しすぎるをあきらめない』『漱石と資本論』、内容の理解は私では知れたものですが、あきらめず(投げださず)読了までガンバロウ!と思います。

【写真は】『漱石と資本論』いま皆さんと勉強会を持っています。 参加者どなたでも大歓迎!岡野まで090-2240-2951
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

朝立ち(駅頭あいさつ)行動っていいですね!


 社民党の勝利を目指して、連日朝立ち(あいさつ)行動を行なっています。ガンバって!の声援に勇気づけられます。 
 また、皆さんのチラシの受け取りも良く、昨日は私だけで150枚も受け取って頂きました。高校生も真剣な面持ちで、受け取ってくれます。ある顔見知りの高校生は「いま3年!今度大学受験です」と応えてくれました。いやー、頑張っているなー。さて、今から(朝6時)東毛呂駅へ出発だ! 元気な・うれしい挨拶、がんばろう!
【写真は】川角駅
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

社民党が公約を発表! がんばるぞ!


社民党が10月5日、衆院選の公約を発表した。平和憲法の堅持や森友、加計学園問題の徹底究明を掲げ「アベ政治の暴走ストップ」と強調した。私もしっかり、姜尚中さんが言う「自分の争点を持ち」闘おうと思います。特に、長時間労働の撲滅!防衛費削減!脱原発!など、がんばるぞ!

 吉田忠智党首は記者会見で「国民に背を向けた政治を許すのかが問われる」と安倍政権への対決姿勢を鮮明にした。立憲民主党との協力にも意欲を示した。
 公約は、自衛隊を明記する憲法改正は「9条を死文化」すると批判。集団的自衛権の行使を容認した閣議決定を撤回し、安全保障関連法を廃止するとした。
 政権の説明責任が、厳しく問われた森友、加計学園問題を受けて、情報公開制度と公文書管理の在り方を見直し、透明で公正な行政を目指すと訴えた。(以上)
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

戦争をさせない!   毛呂山町「平和都市宣言」を噛みしめる!

 戦争をさせない! この言葉が「真実味」を持ってきています。そして、その相手は他国ではなく、自国の首相です。国連で日米のみ「圧力だ!圧力だ!」と騒ぎ立てている。これでは、危険は増すばかり!緊張はエスカレートし、万が一にも間違いはないだろうが・・。
 この期とばかり、軍事費は(何と5兆2551億円=文科予算に同額)増額の一途、国民には増税で生活破壊。武器ではなく!対話に次ぐ、対話でのみ!世界平和は実現できるものです。そのためにも・もう一度、毛呂山町平和都市宣言を噛みしめました!

             ≪毛呂山町平和都市宣言≫

 里山の緑と清流、四季折々に美しく変化を見せる自然の中で、安らぎに満ちた平和な日々を送ることが、町民共通の願いです。
 しかしながら、世界各地では、依然として武力紛争などが絶えず、多くの尊い命が奪われています。
 私たち毛呂山町民は、世界で唯一の核被爆国の国民として、非核三原則を遵守し、核兵器の廃絶をはじめ、戦争の惨禍が繰り返されることのないよう、平和の尊さを訴え続けていかなければなりません。
 毛呂山町は、平和で豊かな社会を築き、未来を生きる子どもたちに引きついでいくために、町民の心を一つにして平和への誓いを新たにし、ここに「平和都市」であることを宣言します。 (2016年12月議会議決)


【追伸=私もそう思いました!】
Aさん:国連本部で各国首脳の演説が行なわれましたが、日本の安倍総理の演説の聴衆が非常に少なかったことが話題になっています。私も実際に動画で確認してみましたが確かに、終始あまりにも閑散としていましたね。

Bさん:最初から「圧力圧力!」と呪文のように唱える内容になることが分かりきっている中、好き好んでこんな日本国内のニュース向けの「パフォーマンス」をわざわざ聞きに来るような風変わりな人はそうそういないということだろう。
 早速、国内では田崎氏らを中心に「安倍総理が北朝鮮問題で世界をリード!」なんていいつつ、必死に国民に向けて嘘の情報を刷り込んでいるけど、残念ながら「これ」が安倍総理の世界での注目度ということだろう。

この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

「平和都市宣言のまち」支柱が除幕される!


 うれしい報告です。町民の皆さん!そして、県民の皆さん!ご覧の通り、毛呂山町役場に「平和都市宣言のまち」の支柱が9月10日に除幕されました。10日は午前に「第18回毛呂山町防災訓練」が総合公園で開催され、その帰りに役場に立ち寄り「支柱」を確認しました。大感激です!私はさっそくカメラに収め、午後に東公民館で開催されている「ヒロシマ市民の描いた原爆絵画展」参加の皆さんに写真と報告をさせて頂きました。皆さん、心から喜んで下さいました。◎昨年の3月議会に請願を取り纏め、提出した経緯があります。(この時点では全会一致が望まれるため、請願は取り下げられました。)     
 そして、昨年の12月議会、改めて町・提出議案として「平和都市宣言」が会全会一致で議決!全議員の英断に感謝。同時に「町民の声」を代弁した・今年(2017年)3月議会の一般質問を受け止めて頂き、素早い対応を取った町の対応に強く・感謝したいと思います。

    《2017年3月議会 岡野勉の一般質問》
          毛呂山町平和都市宣言と平和行政について

◆10番(岡野勉議員) 毛呂山町平和都市宣言と平和行政について。1つに、町長及び教育長は毛呂山町平和都市宣言の議会全会一致の議決をどう受けとめているか。また、今後どのような平和行政、平和教育を進めるのか。
 2つに、毛呂山町平和都市宣言、町民からは魂が入っていないとの指摘があります。(1)住民・民間主催の平和行事への支援(2)形からでもその決意として、平和都市宣言の支柱(看板)を建てるべきと思うがどうか。

◎井上町長  今後どのような平和行政、平和教育を推し進めるのかにつきましては、平和都市宣言の理念を広く内外に発信してまいりたいと考えておりますので、ご理解賜りたいと思います。

◆10番(岡野勉議員) 「平和都市宣言」に関し要望したい。本町ではスポーツ健康都市宣言が謳われ、現在役場前に支柱があり4面がスポーツ健康都市宣言。ここで傷みも出てきている、これを機に平和都市宣言も含めた工夫の上に、しっかり平和都市の理念を発信していただきたいと思いますが、その点でどうでしょうか。

◎総務課長 毛呂山町平和都市宣言は、議会からのご要望を受けまして、制定までしかるべきプロセスを踏んでご議決をいただいたものでございます。ただいまのご提案も含めまして、これから考えてまいりますので、よろしくお願いいたします。  以上
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

「請願=1423筆」を重く受け止め、公共下水道への接続を決断した!


 昨日(8月26日)午後3時から毛呂山町東公民館にて(株)トーカイの工場計画説明会(会社概要及び毛呂山工場の説明=工場排水処理方法等について)が行われました。 
 参加者は入間第一用水組合員・町民25名、トーカイ役員4名、役場職員8名であり、今回の説明会は町主催でした。
 冒頭、トーカイ岩崎総務本部長より挨拶が有り、「トーカイとしては『請願』を重く受け止め、この度・公共下水道への接続に変更する!」「今日は充分、参加者皆さんの意見・要望をお聞かせ下さい」との内容でした。

 私はトーカイの真意を確認したく以下の3点に絞り、質疑を行ないました。1つに、くどいようだが「トーカイは『請願』を重く受け止め、公共下水道に接続にする!」と言うが、現段階では議員・行政・住民は半信半疑だ。確認だが「トーカイは接続を決断した!内定した!」でいいか。「この場で明言してもらいたい!」との質疑に「私どもトーカイは接続を決断しました!この場で明言します。」との答弁が有りました。
 2つに、トーカイは公共下水道接続に当たり「町に何らかの条件を出すのか、あるのか」。例えば、下水道組合の加入金、本下水への接続工事代、使用料の減免など。トーカイは答弁で「一切ない。考えていない。町・組合の条例や規定に従う」とのことでした。
 3つに、入間第一用水への協力金につては、充分話し合いを尊重し、「話し合いで合意を取り付けてもらいたい」旨を要請しました。トーカイは、要請を受け入れました。

 なお、貴重な質疑は多岐に渡り、「トーカイは大きいが『独裁』にならないように、ぜひ毛呂山の町づくりに貢献して貰いたい」「提案だが、地元住民・町行政も含めた検査機関を設けて貰いたい(5〜10人で年数回)」「川角水処理センターの処理能力は万全か=受け入れ可能か)」「今後のスケジュールはどうなるか=稼働開始はいつ頃か」などなど。   
 答弁では、概ね了解をいただきました。川角水処理センターの処理能力は有ります。また、今後のスケジュールは概略で2020年・東京オリンピックを目指しているとのことです。

【追伸】6月議会で継続となりました「請願」は8月21日の総務・文教常任委員会で「採択」されました。町民・坂戸市民を含めた他自治体住民皆さまのご支援に対しまして、お礼申し上げます。引き続きのご支援ご協力をよろしくお願いいたします。
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

(株)トーカイが「公共下水道」への放流を予定! 

 毛呂山町民の皆さん!そして坂戸市民・全ての「公共下水道への接続を求める」請願署名に協力を頂いた皆さん!ご支援・本当に有難うございます。
  8月15日付け「入間第一用水土地改良区だより」にて、(株)トーカイが工場排水の放流先は「公共下水道」に予定との会報が全組合員に配布されました。なお、以下に「トーカイの工場計画説明会」の開催日が示されました。                         【写真は】川角水処理センター(公共下水道組合)

  《接続の条件はこれから!8月26日(土)の町民説明会にご参加下さい》        
 町民の皆さん!公共下水道への接続(予定)は嬉しいのですが、この間の経過(用水路への放流許可)があり、トーカイに「条件があるか・ないか?」「接続の正式決定はいつになるのか」など町民として、しっかりと見守りたいと思います。どうぞ、皆さんのご参加を宜しくお願い致します。

  【資料】  ≪株式会社トーカイの工場計画説明会の開催について≫         
 市場地内に建設予定の株式会社トーカイより、今後の事業計画について次のとおり  説明会がございます。詳細については裏面(株:トーカイが作成)をご覧ください。                          
  日時 平成29年8月26日(土) 午後3時 〜 午後4時30分         
  場所 東公民館 図書室   内容 トーカイの会社概要及び毛呂山工場の説明
  (工場排水処理方法等について)  *今回の説明会は町主催となっております。

この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

花咲徳栄 がんばれ! 監督、選手に平和伝える(15日:毎日新聞)

 昨日の毎日新聞(15日)に目が留まりました。甲子園で「花咲徳栄」が頑張っているのは薄々知ってはいますが、もともと関心が薄い私が関心を寄せたのは「監督、選手に平和伝える」の見出しです。

 終戦の日に試合 監督、選手に平和伝える

 第3試合で日本航空石川(石川)と対戦する(現在、7回表7:0で勝っている)。花咲徳栄が終戦記念日に甲子園で試合を行うのは3年連続(今日に順延)。選手らは13日、大阪府吹田市の市立平和祈念資料館を訪れ、平和への感謝を深めたという。
 同日、岩井隆監督は「野球ができるのは周りの人がいるから。(戦時中と比べて)恵まれていることを当然と思ってはいけない」と選手らに伝えた。選手らは同館で戦時中の国民生活についての実物の資料などを約30分にわたり見学した。
 14日は打撃練習を中心に、2回戦に向けて最終調整を行った。練習後、岩井監督は「夏の甲子園で打ちたい、守りたいと単純に考えるのではなく、多面的に野球を捉えてほしい。夏の甲子園は(戦時中に)開催できなかった時期もある。歴史を忘れてはいけない。部員には平和に感謝する気持ちを持ってほしい」と静かに語った。
                          【中川友希】


 花咲徳栄 がんばれ! 私は思わず、監督・選手にエールを送りました。
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

智福寺(ちふくじ=西大久保148)を建て替えます!


 昨日7月31日、智福寺を建て替えるための遷坐(せんざ)・撥遣(はつけん)法要を総勢20数名の参加を得て、執り行いました。智福寺の解体前にご本尊に建て替えの旨を報告し、神仏に今までのご加護を感謝し、建設中の無事を祈り、一時・坐を移すためのものです。
 神仏様の坐を移すために、専門の仏具業者と協力し包装も行ないました。仏像は11像有り、本尊大日如来坐像(江戸時代)その他、薬師如来立像(江戸時代)、位牌、釈迦三尊像、版木なども確認できました。地鎮祭が8月23日、工期(完成)は今年11月中旬ですが建設委員(長)として檀家皆さんと方丈様、工務店の皆さま共々協力・力を合せ、長く親しまれる智福寺の建設に努めて参りたいと思います。

 なお、智福寺には江戸末期に廃寺となった近くの常楽寺境内にあった【弘安・應長の板碑=毛呂山町指定有形文化財】があり、一時所在が不明になっていたが、山林に埋められていることが判明し、昭和43年(1968)に発掘されました。その後、保存の為「智福寺境内」に移された。毛呂山町の板碑の中では最古級の紀年銘を持ち、正に毛呂山町指定有形文化財、町民の宝であり、大切に保存をして行きたいと思います。板碑は、弘安三年(1280)に沙弥願生が造立したものです。
【写真は】智福寺、前に弘安・應長の板碑。
この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください

「反核・平和の火リレー」が沢山の出迎えを受けました!

 第30回の記念すべき「埼玉反核・平和の火リレー」が、多数の青年、女性、老いも若きもランナー(小学生も参加)となり、今日(7月27日)毛呂山町を訪問、無事に平和行政推進を要請し、比企地区へとバトンを引き継ぎました。このリレーは、広島平和公園の「平和の火」をトーチに灯(とも)し、県内40にも及ぶ自治体に対し、平和行政推進を呼び掛けるもの。

 毛呂山町役場の到着は午後4時30分を少し回りました。1階正面玄関前には町長・副町長、町議会議長・副議長はじめ沢山の町民皆さんの声援・拍手でランナーを称え・迎えました。その後、町長、議長からは激励の挨拶と平和行政の取り組み報告が有り、ランナー・町民からは「核なき世界と恒久平和」をめざし、今後も走り・訴え続けよう!との決意が話されました。
 最後に、沢山の出迎え有難うございました。大きな力と勇気をもらいました。また、町からの冷たい水の差し入れなど温かいご厚意に感謝いたします。来年も頑張ります。
 【写真は】ランナーの皆さん!ご苦労様でした。 トーチを手渡す・井上町長

この記事のみを表示し前後に移動
活動レポートへのご意見・ご感想をお送りください
このページは62ページ中の1ページ目です。>>
岡野ツイッター通常表示はこちら
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア